topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年老い易く学成り難し - 2011.06.13 Mon

いつもはパンフレットに芸術家っぽいことを書いている演出です。
どうせ気取ってますよ、フン!
・・・恥ずかしいです。
どうも小泉です。

今回の公演を観に来てくださった皆様、本当にありがとうございます。
そして、外部のスタッフやお手伝いしてくださった皆様、劇団員のみんな、本当にありがとうございます。
今回の公演は友情と愛情に満ちた、挫折と成長を繰り返す、笑いあり、涙ありのエンターテイメントのような公演でしたね。作品がではなく、公演の企画自体がです。

さてさて今後のヘルベチカはどうなるのでしょうか?
なにはともあれきちんとしたプロモーション活動でもしますかね。
まずはホームページをもっと透明な形にしたいです。団体の形をもっと視覚的にわかりやすくしていきたいと考えています。乞うご期待。
あとはブログをまた団員でまわしていけたらなと思います。新入団員も入りましたし、これからまた増える予感。
目指せ団員25人。この数字に意味はありません。
なんとなくでも目標は必要ですよね。
去年、来年の六月には西部講堂で公演をするぞと言って、なんとか実現してしまいました。
来年にはヘルベチカで東京に行きたいですね。
もちろん旅行です。
・・・嘘です。
ああ、紀伊国屋ホール。

なんとなく更新するためにつらつらと書いてみました。最近、何を書けばいいのか本当にわからなくなっています。ああ、恥ずかしい芸術家気取りの自分はどこへやら。探すとしますか。
そして今のうちにできることはしておこう。日々これ精進。勉強、勉強。
一生、少年のままでいたい小泉でした。一生勉強していきます。
ではまた。
スポンサーサイト

おねむの頭でつらつらと - 2011.06.10 Fri

お久しぶりでございます。前田です。

先日、ようやく『星降る夜』の公演を終えました。ご来場くださった皆様、本当に本当にほんとうにありがとうございました!!
今回の公演では得るものがたくさんありすぎて、皆様には感謝してもしきれません。
いつもはパンフレットに芸術家っぽいことを書いている演出も今回のパンフにはしっかりと「感謝」の文字が。
なんだかちょっとだけ、笑ってしまいました。


しかしまあ、今回の芝居は2月の京都学生演劇祭での上演も考えるとなんと半年も同じ役をしていたんですねぇ。なんてこったい。
終わったからには多くのことは語りませんが、本当に怒涛の半年でした…

いつの間にか21歳。
いつの間にか今年も半分。

もうしばらく少年役はこりごりだ(笑)
ダンスと殺陣は楽しかったけど、今度は乱歩っぽい立ち位置で好き勝手やりたいもんですね~。くそう


ところでバラシとか西部講堂の片付けとかその後のバーベキューとかでみんなで話をしていると、「終わっちゃって寂しい」「日常が物足りない」とかいう言葉を聞くわけなんですが、私はこういう終わったあとのすっきり感が好きだったりするわけなんですが…あれ。おかしいのかしら。
あれだけみんなで小屋に缶詰になっていると、ひとりの時間というものがすごく身に染みて楽しくてしょうがないんです。
これぞ孤独のわびさびでしょう、師匠!
などと葵くんが出てきている今この瞬間も家で一人、ベッドの上でノートPCを抱えてお酒を飲んでいるわけです。たのしくてしょうがない。
世の演劇を嗜んでいらっしゃる方々はどうなんでしょうね。きになるところ。


余談ですが
公演が迫るにつれて部屋が汚くなるのはわたしだけじゃない…です よね…
洗濯物をたたまないとか、洗い物がたまるとか、ゴミをきちんと捨てられないとか、お菓子ひっくり返してもそのままとか
今日ようやく余裕ができて片付けをしていたら栄養ドリンクのビンが床に6本くらい転がっていて自分に引きました。
今後はいわゆる女子力の回復に努めます。執事喫茶にいきたい

花に嵐のたとえもあるさ - 2011.06.07 Tue

DSC_0139_convert_20110607111901.jpg




さよならだけが人生だ


こんにちは、鈴木です。
劇団ヘルベチカスタンダード第三回公演「星降る夜~世紀末を卒業できなかった少年少女の星月夜~」
は、先日、無事に千秋楽を迎え、公演を終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、本当に、本当にありがとうございました。

現在は、大体のバラシを終えて、会場となった西部講堂のお片付け中です。
整理されていく西部講堂内を眺めると、この舞台ともさよならなのか、と実感します。


「花に嵐のたとえもあるさ
さよならだけが人生だ。」

この句は、いつ散るともわからぬ花のように、今、自分が(あなたが)どうなってしまうかもわからない、
(だから、今を大事にして、酒でも飲もうじゃないか)という句です。

さみしい雰囲気がしますが、その瞬間の寂しさをこらえ、今を大事にし、
明日を見据える覚悟のある句だと思います。
寺山修二が愛した句で有名ですね。


でも、今作の主人公、葵太郎は、愚直に言葉を受け止めて、
「さよならだけが人生ならば、人生なんていりません!」と
返答します。なんて青臭いんだ。

過去にとらわれてしまった彼にはそう答えるよりなかったのかも知れません。
前に進みたくて仕方ないのに、現在地を見失っている彼らしい返答かも。

星は一晩で滅び、ひと晩で生まれ変わる。
生まれ変わっても、人生を捨てても、自分の信じた道の迷いを振り払って、
忘れて、それでも行くんだ、という葵太郎。

今回の公演は、これから生まれ変わろうとする人たちへの、130分の詩だったのかしら。
生まれ変わっても、自分でありたい、という意志を持ちたい、というか。
わあ、青臭いな。愚直だな。赤面しちゃうな。


あんまり、劇団員が内容を騙り過ぎるのもよくないのでこの辺にしておきます。
捉え方は、人それぞれだと思いますし。


時に寄り道し、振り返ることもあるでしょうが、
私たちも、次に向かって、前に進んでいかねばなりません。
進むことだけはやめない決意を葵太郎にもらって、
どんな形になっても、愚直に、もがいて、苦しんで、一緒に進んでいきたいな。


スタッフのみなさん、客演の皆さん、ありがとうございました。
劇団員のみんな、ありがとう。

これからも、よろしくお願いいたします。

いよいよ - 2011.06.02 Thu

今日から、初日です!
こんにちはこんばんは、あなたの、あなたの、鈴木です。

どきどき。どんなお客様がいらっしゃるのかしら。
にゃー。今から緊張します。

自分から言うのカッコ悪いと思いつつ、言いますが、今回、すごくいろんなとこで背伸びして頑張ってます。頑張ってくれているおかげで、やはり今までで一番の規模、一番のクオリティの舞台をお届けできると思います。

劇中、ちらっと映像が流れる部分があるのですが、あれも、すごく久しぶりにアニメーションのソフトを使って、鈴木がせこせこ作りました。頑張りアッピール。しかしクオリティは…保証しません 笑。でも、自信をもってお届けしますよ。矛盾してますか?
出来は、是非確認しにいらっしゃってください。映像の苦情は鈴木まで(ま、苦情なんてあればですがね!と自信満々さを伺わせる)。


まだ席数には若干の余裕がございます。席数には限りがございますので、皆様、ご予約をオススメします。是非ご来場くださいね!今日鈴木は受付でお待ちしています!(*´ω`*)

殺陣あり、ダンスありの時代錯誤のファンタジー、是非お楽しみください。



劇団ヘルベチカスタンダード第三回公演
『星降る夜―世紀末を卒業出来なかった少年少女の星月夜―』

▼公演日時
6/2(木) 19時~

6/3(金) 19時~

6/4(土) 14時~/19時~

6/5(日) 14時~/19時~
*開場は開演の30分前。

▼料金
新入生→無料!
学生→前売800円/当日1000円
一般→前売1000円/当日1500円
【新入生及び学生は要証明】

▼会場
京都大学内西部講堂

市バス京大正門前下車徒歩5分
百万遍下車徒歩10分

▼ストーリー
正義の少年剣士白馬童子こと葵太郎は現代の生活に馴染めず、自らの現在地を見失いながら日光街道の路地裏をふらふらと彷徨っていた。
それはいつかどこかの世紀末。
少年剣士は夢の荒野にある魂の故郷を求めて、今日も無我夢中にその刀を振っている・・・。
松尾芭蕉、イザべラ・バード、江戸川乱歩、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホなどが縦横無尽に駆け回る、エキセントリックな路地裏の世界。
(脚本/演出 小泉智裕)


▼CAST
前田郁恵 小泉智裕
土村芳
富田正人 伊藤元晴
豊島勇士 山中麻里絵
谷内一恵 大田雄史
福井貴大 本田航
岡崎さつき

▼お問い合わせ
e-mail→geki_helvetica@yahoo.co.jp

「事件です、先生!」 - 2011.06.02 Thu

「何が起こった?」
「少年が一人舞台で転びました!」
「またですか」

そうなんです。またこけたんです。ドジっ子やまちゅうです。こんにちは。

今日(6/1)『星降る夜』のゲネをやりました(^^)
これまでにも通しはやりましたが、舞台で通すのは今回が初で、しかも衣装メイクや音響照明も本番同様だったので(ゲネだから当たり前ですが.笑)本番に向けての気合いがぐっと上がりました!


…が、しかし、事件は起こってしまったのです。
やまちゅう舞台上で大胆に転びました(ノ△T)


お見苦しいところをお見せして本当にすみませんでした。心配して下さった方、ご迷惑をかけた方、本当ありがとうございました。ごめんなさい。


結局また不完全な状態で本番を迎えることに。あーぁ。
なんで本番についてないんだろうか自分←



しかしそれでも明日はやってきます。
不完全かもしれないけど、その分全力でいきませう!


それでは皆様明日からよろしくお願いします!

そして私達は劇場であなたをお待ちしています!是非足を運んで下さいませ\(^O^)/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。