topimage

2013-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても退かれぬ場所ならば、太刀を合わせて死出の旅 - 2013.03.24 Sun

こにしでーす

第六回公演『星降る夜~世紀末に贈る正しい三角関係の処方箋~』終演しました。

今回の公演は劇団の節目になるものでありました。
また、再演ということもあり思い入れのある人も多い公演でございました。

終わってみて、その人たちが今どういう心境でいるか僕にはわかりません。
もしかしたら本人にも分からないかもしれません。

作品のテーマというのは、特にヘルベチカの本は、100人いれば100通りの解釈があると思います。
僕は脚本会議の時点でこの作品は「人はいつか死にます」というお話だと思っていました。
誰にも共感を得られなかったけれど、いまでもそう思っております。

舞台芸術は俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせて作られていくため総合芸術の一つと言われております。
全く育ちも思想も違う人間が同じひとつの作品をつくるにあたって何が必要なのか。
うちの主宰はつねづね「同じ景色を見る」ということを強調します。
同じレベルでものを考えるとか、作品の解釈を共有するとかではなく、同じ景色を見ること。
そんなに難しいことじゃない気がするけど、人間はそんなに優秀にできていないようです。

今回の自分個人の収穫は
「頑張ったやつが偉いんじゃなくて結果を残したやつが偉い」
とわかったことです。

おわる
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。