FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう違うのか? - 2012.08.09 Thu

どーもこんにちは。豊島です。

昨日今日と、朝から夕方まで集中講義に出てそのまま稽古へ、という
なんとも健康的な日常を送っています。
身体がギシギシいってますが、頑張ります。

最近稽古が楽しいです。
というのも、自分の考えてることをそのまま喋れるから。
すっかり稽古場が自分より後輩ばかりになってしまったせいで、
誰にも気後れせずに演技論をぶちまけることが出来るんですな。
ありがたいありがたい。

まあそれは置いていて。

昨日の稽古で一番強く思ったのは、

「どう違うのか」

を観察できることがすごく大事な【能力】だということ。

昨日はやまちゅうが来てくれたのでダンスの稽古があったんですが、
体を動かしているとこの能力の差はかなりはっきり表れます。
もちろん運動神経の差もあるでしょうが、
「相手の身体はどう動いているのか」
「自分の身体はどう動いているのか」
を両方正確に観察するのはかなり難しいことです。
眺めているだけでなんとなく出来ることではないよなあ、と強く思いました。


芝居の稽古も同じだろうと思います。

「あの人は何が出来て/何が出来ていないのか」

をなるべく具体的な形で観察できないと、自分に還元できません。

上手いな、下手だな、もっとできそうだな、とか、そういうのは「感想」でしかありません。

あの人は床を使った演技もできるからうまく見える
あの人は強調するときの声の表現が張り上げるだけの一本調子だから下手に見える
あの人がきちんと反応してあげないから相方の演技がひとりよがりに見える

とかね。そこまでしないと。

ポイントはなるべく具体的なところ、細かいところまで観察すること。
観察しながら、「なんでそう見えるんだ?」と考え続けること。

あとは自分の演技も同じように観察して、あるいは指摘をもらって、
いいように手を加えていけば、上手くなれるはずです。よね。

以上、最近自分が稽古中に考えてることでした。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://helveticastandard.blog29.fc2.com/tb.php/404-cd8691c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本当にいいものはとても少ない «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。