FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が出るかな♪何が出るかな♪ - 2012.08.18 Sat

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~~~~ん
前田です。こんばんは。ブログではおひさしぶりです。
久々のブログ当番なのに若干酔っ払っております。


はてさて
ここ数日の稽古では、作・演出の小泉さんが執筆に集中するため欠席しており
上回生が(というか豊島くんが)中心になって演技に関する稽古を進めております。

演技経験があっても、ヘルベチカの芝居をするのは初めて、という人が多い稽古場ですので
毎回丁寧に後輩へアドバイスを与えつつ、私たちにもいい刺激・発見となっております。


最近大切にしているのは「相手の話を聞いて、反応して、その表現をエネルギッシュに発散させる」ということ。


芝居をする上で最も大切なことの一つである、「相手の芝居にリアクションする」ということが、
「自分の感情を最大限に表現する」ことと両立するのが、なかなか難しいんです。

その「難しい」のなかには「自分の演技のクセを自覚してコントロールする」ことも含まれます。

【クセ】とは、無自覚な身体の動きのこと。

こいつよくこういう動きしてるなあ、と思うような動きでも、自分で自覚・コントロールして表現したものは【クセ】ではありません。



ヘルベチカの舞台をご覧になったことがある方はもしかしたらお気づきかもしれませんが、
我が劇団はそれはもう【クセ】モノばっかりなわけで。

それを矯正しそして新人をより高いステップへと叩き上げるべく、ほぼ毎日稽古、稽古、稽古。



具体的には、既に書きあがっている脚本のシーンのひとつを抜粋し、
2~3人で立ち稽古をしてはダメ出し、次のグループ、というのをひたすら1~2時間。
なかなかに濃ゆい時間を過ごしております。楽しいです。



芝居をするのにも「楽しむ」ことが第一に大切だと私は思っております。

ダメ出しばっかり気にして、直そうとして、凹んでしまってはその先なんにも面白いことは起きません。
躍起になって、やったるでぇ!!くらいの気合で臨まないと、新しい自分のなかの表現は見つけられないような気がしています。


新人の皆さんは気負いすぎず、のびのび表現することを心がけてみてくださいね。


去年、気負いすぎて超しんどい思いをした前田からのメッセージでした。
ちゃんちゃん。





書き終わってからやまちゅうの記事とカブってんなーって気づきましたが、まあしょうがないよね。
芝居もダンスも表現するときに本人がノリノリじゃないとお客さんもおもしろくないもの。

みんなでワイワイたのしんでいきましょー!

IMG_20120817_211942.jpg

IMG_20120817_212001.jpg

酔っぱらいは寝ます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://helveticastandard.blog29.fc2.com/tb.php/408-74ba24ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

深夜でMaxだけど重要なお知らせだよ! «  | BLOG TOP |  » ポンポンポンもバカにできない

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。