FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤とろいわ。 - 2013.01.27 Sun

どうも小泉です。
楽しく稽古しております。

安藤トロいわ!(劇団員に安藤さんはおりません。)
あんどぅとろわ


最近のブーム。
「あらぶる」こと。というか「あらぶる」という言葉。
我を忘れて「あらぶる」と周りに迷惑かけて「トラブル」ことは多々ありますね。

『「あらぶる」と「トラブル」』
うん。これは全く同じである。いいやもはや似て非なるものだ。しかしすでに同じとしか考えられない。いや、全く違うことも念頭に入れるべきであるが、言いかえれば全く同じであると言っても過言ではない。

そんなこんなで、「あらぶる」人間も「トラブル」人間も、実はぶるぶる震える臆病者なんです。そこに見える強がりほど、切ないものはありません。いいじゃないか、切なくて。愛しさと切なさと心強さと。
惨めでひ弱で苦し紛れでも、切なくなればいいじゃない。今の時代にはそんな切なさがないよね。ただ単に惨めでひ弱で苦し紛れなだけで、切なさがない。これはゆゆしき事態で時代である。もう少しさ、どこかしら哀愁漂わせてさ、絶望しているけどどこか悪足掻きしている風貌でさ、口から出るのは「空が青いって、今日久々に感じたよ」みたいな甘ったるいロマンなわけですよ。それが切なさだよ。ね。

もののほんによると「アラブる」とは
「オイルマネーで羽振りがいい振りをする。振りでしかなく、えらぶっているだけなので人間関係で不利にしかならない。また石油を掘り当てて一攫千金を狙う愚かなことをしている時にも使う。とどのつまりは自分を見失って、身の丈にあってないことをしている、もしくは我を忘れて無謀なことをしているという意味。」

ちなみに。
個人のツイッターでもやりますが、ブログでも登場人物紹介はしていきたいです。短いバージョンの『星降る夜』を上演した時にも登場人物紹介しているので、予習程度にそちらも見てみてくださいな。

くだらんことをたくさん書いた。これで当分はまじめに生きてけるぞ。よっしゃー、無理だぞ。
小泉智裕でした。
みんな、またね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://helveticastandard.blog29.fc2.com/tb.php/465-d441cc46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遠くから見れば大抵のものは綺麗に見える «  | BLOG TOP |  » 降れ降れもっとふれ

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。