FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くから見れば大抵のものは綺麗に見える - 2013.01.30 Wed

2013-01-29 21_50_55_edit0

こにしでーす

稽古終わってから「写真とるから集まって-」って言ってたんですけど誰ひとりカメラの視界に入ってきませんでした。
聞こえる声量ではあったと思うのですが。
写真は豊島さんの一声で撮影できたものです。ぼくの発言力のなさに愕然としてヒザがガクガクになりました。

さてまじめに稽古場日誌すると、最近は色んな役をみんなで回して読んでおります。
自分の役をやるときはどうしても置きにいってしまうけど他人の台詞を読むときは無責任に遊べるので楽しいです。
楽しい気持ちというのは新鮮な気持ちというのとある意味で同義ですがこの気持ち忘れたらあかん気がします。
僕は他人の言葉を引用するしか能がないので、劇作家・演出家の長谷トオルさんの言葉を引用すると

「いくら芝居に精通して達者な役者でも、初々しく必死に演じている不器用な若者には適わない。これが舞台の恐ろしさなのだ。観客の心を動かすのは理屈でも達者さでもない。役者というものは、自分が芝居が出来ると思った時点で、目の前に高い壁がそびえ立ってしまう。最大の技術は初心に返ることなのだ。」

まあ自分は不器用だからいいんだって開き直っても終わりやと思いますけど。
僕はこの公演の目標として先に述べたような意味で無責任に遊びたいと思っており、またそのような役どころを与えてもらったかなと思います。


まじめに書いたので残りは最近おもしろいと思ったこと書きます。
一つ目は新聞から、二つ目はツイッターから、三つ目はある芝居からです。

・ある占い師の店に客が来ました。客が『質問ふたつで一万円』と書いてある看板を見て
 「高くないですか」
 「はい、高いです。では二つ目の質問をどうぞ。」

・友達同志の何気ない会話にて
 「インド人て右手でご飯食べるらしいよ」
 「口じゃねーんだ」

・会社にて上司と部下
 「これおれの息子」
 「へえー、小さいんですね。ってこれ写真か。」

頭悪いやつは嫌いですけど愛すべきアホっていますよね。


おわる
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://helveticastandard.blog29.fc2.com/tb.php/466-df8a193c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「かばんの口開いてるでぇ〜」 «  | BLOG TOP |  » 安藤とろいわ。

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。