topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あいまいに甘い愛のまにまに」 - 2013.11.14 Thu

おはようございまーす!

なんとこのブログ、半年以上、ってのは流石に過言だけど、
ともかく長い間を空けて、更新されていませんで、そんな夜を明かします。今こそ!
だいぶ前からこの画面を侵していたスポンサーサイトの鼻をあかします。ねッ!

なんでこのタイミングかというと、
気まぐれです~。8割方。
記事のタイトルは、今聴いている歌のタイトルそのまんま。
ハナレグミの曲です。
染みます。
今は特に泣いたりはしませんが、うーん、素敵な音楽だな、としみしみしている夜明けです。
徹夜明けでもあるぞ。

はっ、名乗っていませんでした!ごめんなさい、失敬、すみませんが、柳澤です。
柳沢です。
「さわ」の漢字をどちらにすべきか悩む今日この頃で。
過渡期かと。
いつかふらっと「柳澤」になっているかもしれませんがよろしく。
お願いします。

本題に入りましょう。
あるんです、本題!


象牙の空港#4
『顔面売買』
2013年10月25~27日

にご来場いただいた方、本当にありがとうございました。

!!!

公演を終えて早二週間以上が経っています。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
「まつり」の後、だいぶぼんやりしてしまい、なかなか言葉がまとまりませんでした。
(これでは申し訳をしてしまっているな… いやほんと申し訳ない)

依然として、まとまってなんかいない「言いたいこと」ですが、
それでも、
あの公演があって、リアクションがあって、
だから、こちらも、ささやかながら、あの公演で何をしたのか、書いてみたいと思います。

そうね…

100キロ走りました。
小屋入り前の二十一日間で、たぶん合計だいたいそれくらい。

本番中は毎日同じご飯を食べました。
朝は同じ具のお味噌汁にご飯、
昼ステ・夜ステの間は、初日の前々日に鍋にたっぷり作ったカレー、と。
イチロー的ルーティンを求めてのことかもしれません。

そう、そんな風に、身体へのルールを課してから臨むことになった作品でした。
このたびの作品、
(内容については、観念頼みで取り組んでいては澱んだ沼にはまったままになってしまうと思えたし、
手段については、なかなかに観客に対して不親切で、どこか喧嘩売るようなかんじだし、)
やり抜くには、物理的なルールをこなす努力に精一杯になって、それではじめてバランスがとれて、どうにかこうにか。

ええと、今、こうして文章であれこれ言っていることは恥ずかしいなーと思います。
本当は、舞台にあげたものだけで、お伝えしたいのだが。
舞台裏の諸々は見えなくて、しかしどこかに溶けていて、ってなもんで。

まぁ、野暮を覚悟で…

ざっくり、
今回、「走った」とか「食べた」とか、それ以上でも以下でもない事実にこだわって、支度してみた、そんな私でした。
で、そう、だから

「ご来場いただき本当にありがとうございました。」
というありふれた表現には、「目撃していただきとてもありがたかったです」といった感謝を込めます。
ご来場いただいたという1が、その他の0とは決定的に違うものすごい重みをもっていて、
ご感想は様々で、しかしともかく、このたび、お付き合いいただき本当にありがとうございました。
私は私なりに、あの作品が好きだった。だからいくつかのことを頑張った。
そして終わった。
ありがとうございました。心から。来ていただいた人へ。


ふーーー、長くなっちゃったなぁ。
申し訳ないです。これはほんとう。
すっかり朝も朝です。しっかり今日も寒いです。
よーし、
いってらっしゃい!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://helveticastandard.blog29.fc2.com/tb.php/501-c8630212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕がこんな風に暗い話をしているのはどうしようもなく甘えだ «  | BLOG TOP |  » それっぽーい

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。