topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても退かれぬ場所ならば、太刀を合わせて死出の旅 - 2013.03.24 Sun

こにしでーす

第六回公演『星降る夜~世紀末に贈る正しい三角関係の処方箋~』終演しました。

今回の公演は劇団の節目になるものでありました。
また、再演ということもあり思い入れのある人も多い公演でございました。

終わってみて、その人たちが今どういう心境でいるか僕にはわかりません。
もしかしたら本人にも分からないかもしれません。

作品のテーマというのは、特にヘルベチカの本は、100人いれば100通りの解釈があると思います。
僕は脚本会議の時点でこの作品は「人はいつか死にます」というお話だと思っていました。
誰にも共感を得られなかったけれど、いまでもそう思っております。

舞台芸術は俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせて作られていくため総合芸術の一つと言われております。
全く育ちも思想も違う人間が同じひとつの作品をつくるにあたって何が必要なのか。
うちの主宰はつねづね「同じ景色を見る」ということを強調します。
同じレベルでものを考えるとか、作品の解釈を共有するとかではなく、同じ景色を見ること。
そんなに難しいことじゃない気がするけど、人間はそんなに優秀にできていないようです。

今回の自分個人の収穫は
「頑張ったやつが偉いんじゃなくて結果を残したやつが偉い」
とわかったことです。

おわる

終演いたしました - 2013.03.18 Mon

劇団ヘルベチカスタンダード『星降る夜』、無事終演いたしました。
ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
まだまだ未熟ではございますが、今後ともよろしくお願いいたします。


事務的な話になりますが、今回の挟み込みにお持ちいただいたビラが一部余っております。
返却をご希望の方がいらっしゃいましたら劇団メールgeki.helvetica@gmail.comまでご連絡ください。

『星降る夜 -2013- 』 公演情報 - 2013.03.17 Sun

※この記事はトップです。新着記事は次からです。

劇団ヘルベチカスタンダード 第六回公演
『星降る夜』 作/演出 小泉智裕

出演 前田郁恵、小泉智裕、柳沢友里亜、豊島勇士、伊藤杏子(劇団ケッペキ)、富田正人、小西啓介
   チェサン、池田遼、小高知子、市丸衛士(劇団月光斜)、橋本謙人、蛭田幸恵

会場 京都大学 西部講堂

日時 3月15日(金)14時~/19時~
   3月16日(土)14時~/19時~
   3月17日(日)14時~/19時~

チケット 一般     前売:1500円  当日:1800円
     学生/U-25  前売:1200円  当日:1500円
     トリオ料金:3000円 (学生/U-25 3名様でご予約の場合のみ適用。)
     高校生以下・リピーター  500円
     ※受付にて証明できるものをご提示していただきます。

挟み込み 450部 持ち込み @西部講堂事務室
     3/10〜12 10時〜21時、 3/13 10時〜18時
     ※今回、後挟みは受け付けませんのでご了承ください。

詳細はこちらをクリック!

ご予約はこちらの予約フォームもしくはご予約専用メールアドレス(booking.helvetica@gmail.com)まで。

役者・スタッフ一同、みなさまにお会い出来るのを心待ちにしております。
ぜひぜひご来場くださいませ!

星3つです - 2013.03.11 Mon


IMG_0995_convert_20130311120440.jpg


こんにちは、制作の小高です。

昨日より劇団ヘルベチカスタンダード小屋入りいたしまた。

私が西部講堂をはじめて訪れたのは昨年の4月半ば、ケッペキさんの公演でした。
西部講堂という名前を聞いて想像していたものと実際目の前にどーんとそびえる建物とがあまりにも違っていて非常にびっくりした記憶があります。
屋根に輝く3つのお星さま。これは何?と鼻の穴が広がりました。

あのときは1年後にここでこうして仕込んでるなんて夢にも思ってなかったな。
なんだかじいんと胸にくるものがあります。1年って短いようで長くかつあっという間ですね。

麗らかな春の陽気にあてられていろいろなところが敏感になっておりますよ。おほほ



IMG_0996_convert_20130311120557.jpg


そういや小高ラリってると言われますが、小道具作業しながらなかなかの高音でおうたを歌う超べっぴんさんな彼女の方がよっぽど怖いと思うけど、あたし。
ちなみに彼女、お散歩に来てた幼稚園児たちに悪の組織の人にされたそうな。
よくグラサンかけてるけどそれは日焼け対策ですか、やはり。


さてもう一踏ん張り。ゆきますか。

目印は屋根に輝く3つのお星さま。
3月15日(金)〜17日(日)はどうぞ西部講堂へ。劇団員一同心よりお待ちいたしております。




いよいよ小屋入り。 - 2013.03.09 Sat

明日から小屋入り。
どうも小泉です。

只今一時帰宅をして、風呂に入り、洗濯をして、ブログを書き、そしてまた作業のために芝居小屋である西部講堂に戻ります。頑張るぞー。

稽古は順調に見せかけて、中々大変ですが、舞台稽古での挽回が期待される今日この頃、本番には驚くべきものが出来あがっていると信じております。
ちなみに今日久々に身体が自分の思い通りに動かない恐怖を感じました。疲労の蓄積を如実に感じたのです。栄養ドリンクでチートしますかな。10時間くらい睡眠が取りたいわね。それか2時間で全快する睡眠を取りたいです。

さてさて、もっともっと頑張るぞー。
何せ僕は、悪足掻きの天才なのですから。

脚本・演出・出演の三足のわらじで身が引き裂かれる思いの小泉でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

お知らせ (16)
劇団員紹介 (44)
稽古場日誌 (68)
裏方日誌 (17)
新入生の方へ -2011- (7)
雑記 劇団員の日常 (136)
『星降る夜』 (19)
『アンドロマケーの贋作』 (20)
『夢幻地獄』 (21)
『三千世界の果てはまほろば』 (24)
『天井の麒麟児』 (18)
『星降る夜 -2013-』 (39)

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。